MENU

ルイボスティーの上手な沸かし方

 

亜鉛やカリウムなどの健康や美容に必要なミネラルがバランスよく含まれており、病気や老化の原因となる活性酸素を抑える分解酵素も含まれているルイボスティーは、若い女性を中心に非常に注目されている健康と美容に効果があるお茶の一種です。もともとは、南アフリカが産地のお茶ですが、地元の人にも300年も昔から不老長寿の飲み物として親しまれています。このルイボスティーがもっているさまざまな効能を得るためには、茶葉の品質や分解酵素の含有量が高いものを選ぶことも大切ですが、沸かし方も大事なポイントとなります。ルイボスティーの効果を得るためには、沸かすときの時間が大切です。最低でも10分以上は煮だすようにします。5分以下の場合は、茶葉から十分なミネラルなどの身体に効果がある成分が十分に抽出されない状態になってしまいます。理想的な煮だし方としては、10分から15分程度沸かし続けるのが一番好ましいです。また、沸かすときに用いる容器は、ガラス容器がベストです。ガラス以外では、ステンレスのやかんなどが適しています。ルイボスティーは、紅茶のようなティーバッグの形で販売しているため、時間がないときはお湯を注ぐだけでも飲むことができますが、効能を十分に得るためには多少時間はかかりますが、しっかり煮出してから飲むのがおすすめです。

 

直接肌に塗るお茶!ルイボスティーの美肌効果

 

ルイボスティーはテレビや雑誌など各メディアでも多く取り上げられているお茶であり、高い美容効果があることから美容目的で飲んでいる女性も多いです。
ルイボスティーは300年以上の歴史があり、昔から不老長寿のお茶として飲用されてきたことから、奇跡のお茶とも呼ばれています。
特に強い抗酸化作用があるので、谷内に蓄積された老廃物を体外へと排出させたり、紫外線でダメージを受けた肌を修復して、しみやそばかす、たるみやしわ、吹き出物の予防にもなると注目されています。
ルイボスティーを毎日飲むことによって、からだのサビを除去してくれるのはもちろんですが、直接顔に塗ることで得られる効果が高いこともわかっています。
すり傷などの怪我や湿疹などにも有効ですし、毎日の化粧水代わりとして肌に優しくパッティングするだけで、ニキビなどの肌トラブルを予防、改善することが可能です。
また、ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、就寝前はもちろん、赤ちゃんでも安心して飲むことが可能ですし、抗酸化作用だけでなく、ビタミンやミネラル、マグネシウムなどもバランスよく含まれているので、普段の食事だけでは不足しがちな栄養素も補うことができます。

 

受精卵を着床しやすくする効果があるルイボスティーとは?

 

ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶であり、その歴史は長く昔から先住民が不老長寿の薬として飲用してきました。
ルイボスティーには体内に蓄積された不要な活性酸素を除去するための酵素が多く含まれており、非常に抗酸化作用が高いことから別名として奇跡のお茶とも呼ばれるようになりました。
現代の日本でもルイボスティーも効果から、テレビをはじめとして雑誌などの各メディアで取り上げられており、美容目的で飲んでいる女性はもちろん、老若男女問わず人気のあるお茶であるともいえます。
現代の日本は晩婚化が進んでいることから、妊娠を望んでいてもなかなか思い通りにいかないと悩んでいる女性も少なくはありません、
特に年齢を重ねるにつれてホルモンのバランスが乱れたり、活性酸素によって子宮の老化が進むため妊娠の可能性がどんどん低くなってしまいます。
ルイボスティーには排卵と着床を正常化する働きがあり、体内の活性酸素を除去して正常な排卵を起こすためのサポートをしてくれます。
着床はホルモンバランスが乱れていたり子宮の老化が進むと難しくなるため、活性酸素を除去して体質を改善することで、本来あるべきホルモン分泌のレベルまで整えることが可能です。

2015/08/25 20:04:25 |
ルイボスティーが「奇石のお茶」との別名を持つ理由今なにかと話題になるお茶にルイボスティーがあります。ルイボスティーはアフリカ原産のお茶ですが、現地の人々からも古い時代から不老長寿の秘薬とされてきました。味にクセがないので飲みやすく、色は紅茶を濃く出した時のものに似ています。また不老長寿の秘薬以外にも別名はあり、それは奇跡のお茶というものです。ルイボスティーにはミネラルや酵素がたっぷりと含まれています。そして注目したい成分がSODに似ている酵素です。この酵素は肌の老化などに影響を与える活性酸素の働きを抑制する効果があるといわれています。このお茶を飲んでいる現地の部族と飲んでいない部族では明らかに...
2015/08/25 20:03:25 |
ルイボスティーの常温保存方法南アフリカのセダルバーグ山脈にしか生息しないルイボスのお茶は、不老長寿のお茶とも呼ばれ世界中の人々に注目されています。乾燥させた茶葉をお茶にして飲みますが、ルイボスの成分をしっかり出すために一般的なお茶よりも長く煮出す必要があります。だいたい中火で30分程度、さらに成分を抽出させたいのであれば50分程度煮出すと効果的です。その場合には長時間にわたって沸騰させているので、お湯の量が半分程度に減ることも考慮に入れておきます。煮出した後には、ふたをして蒸らしながら冷ましていきます。ルイボスは、茶葉を入れたまま冷ましても濃くなることがないので安心です。ルイボスティーは、もと...